元社長秘書の時間管理術

12月まで予定が埋まりました…
私はスケジューリングマニアです。
プランドプロデュースにおいては
プロジェクトマネジメントも大事なので時間管理は重要!

先日行った日本橋のアートアクアリウムが美しかったので素敵なお写真、金運が上がりそうな金魚とともにタイムイズマネーな記事をお送りいたします。

会社員の時は1年半社長秘書をしていました。
入社直後に会社がカンブリア宮殿に取り上げられたので、問い合わせや面談の数は激増。

天才でも、資産家でも1日24時間で1年は365日なのは変わらず平等だ。

とにかくアポを入れたがる社長、社員、社外の面談希望者…
面談同行やプロジェクト推進など華やかな仕事をたくさん持っていたけど、一番難しくてかつ重要なのが社長のスケジュール管理。

テトリスみたいに組み合わせる。
様々な状況から、優先順位を考え、効果的・効率的にスケジュールを決めるのはとても楽しかった。

ずっとグーグルカレンダーを覗いている姿は他の社員からしたら不思議だったようだけれど。。。

どんな仕事にも負けないくらいクリエイティブな仕事だ。

あまりにもアポが入りすぎて、入らないと伝えると何とかしてと言われるのはわかっているので
1か月のスケジュールの中で稼働時間の割合を

①面談時間(報酬が発生してないもの)
②社外打ち合わせ時間(報酬が発生してるもの)
③社内会議
④会食
⑤移動時間

に分類してエクセルに取りまとめ、傾向や対策を考えていたこともある。

秘書がいる人は3か月分くらいやってもらうと時間の見直しになるのでオススメです。

自分で管理している人は、Googleカレンダーで管理して
ジャンルによって色を変えるだけで視覚化できるようにするとわかりやすいと思います。

私はOFFの日が黄色になっているので
この日をいかに増やすかが大変楽しい作業であります。

毎月の時間の使い方を3時間くらいじっくり向き合う日を作っています。

その3時間無駄じゃん?と思いきや、これが自分一人での経営会議になってるので無意識に毎月を過ごしてしまいがちなフリーランサーには大変有益な機会だと思います。

ぼんやりとこれから何をしようか?とか
怪しいセミナーで自分戦略とか立てるよりも
具体的な行動に改善ができる1ヶ月毎の3時間時間会議はオススメです。

ブランドプロデュースにはプロジェクトマネジメントが必須!

会社員の方も、是非。
会社外の時間を意識的に使えるようになると思います。

写真は日本橋の夏の名物となったアートアクアリウム。
いつも感動するんだけど、金魚が展示されているだけでどうしてこんなに感動するのか…

これは、ブランドプロプロデューサーがかなり細部まで、現場でディレクションしているから。

一人の人の活動が一つのアートのジャンル、

アートアクアリウム

になったって、すごいことですよね。

そして、金魚の歴史もすごい。
ふなの突然変異を1種類に20年近くかけて開発。
昔の人でいえば人生の半分をかけて、一種類の金魚を開発。
しかも、美しくなるかどうかわからない中で試行錯誤…

他の人が作っていない種類を!
という人間のチャレンジ精神が作り上げたのが
あの多種多様な金魚というから…

感動というより少々の恐怖を感じるレベル。

クリエイティブ、ブランディングは
他の人がどうでもいいじゃん、と言ってしまいそうなことにこだわることがやはり大切なんだよなぁ…

今夜は月のない夜、新月ですね。

Good Night!!