1人で回せる!繁盛店レシピ 接客編

img_3250

こんにちは。

この夏、店舗のコンサルティングに行ってまいりました。
場所は、三重県伊勢神宮前のおかげ横町のお土産物屋さん。

こちらにお邪魔して、あらためて意識させられたのは

1人、2人で切り盛りしなければならないお店が
この世に溢れているということ。
昔ながらのやり方で運営されて、ファンが沢山いらっしゃる方は良いのですが
これからはじめる!という方はそもそも何をしたら良いのか
どんな項目があるのかわからなくて大切なことが抜けている可能性があります。

ご参考迄に、短縮版ですが3つの柱でタスクをご紹介します。

接客 編 : お客様との関係
店作り編 : お店の魅せ方、作り方
運営 編 : MD計画、売上分析、HP・ブログ・Facebook運用

 

今回は【接客編:お客様との関係】についてです。


【接客編:お客様との関係】

①売り場に立つ前に

このお店はどんなお店ですか?
お客様に、何を持ち帰っていただきたい空間ですか?

お買い上げいただかなくとも、何かを持ち帰っていただけるそんなお店作りを心がける事で、お店のイメージアップに繋がり客様のリピート、売上に繋がります。

お客様は物が欲しいから買うのではなく、その先にある価値を求めて商品を買うのです。
どんなお店か=何を提供できる店なのか、一言ですらっと言う事が出来ますか?

☆必ず入店したら『いらっしゃいませ』

作業をしていても、他のお客様とお話ししていない限りは必ずいらっしゃいませとお声がけを。第一声の声かけのない店舗はクレーム率が非常に高くなります。

作業をしていても、お客様に背を向けない。携帯電話等は極力触らないように!

②商品を手に取られたらお声がけを

お店の種類により、お客様があまり声をかけてほしくない店舗もあります。
商品をじっと眺める、手に取られたらさりげなくお声がけを。

☆商品を手に取った場合は、必ずお買い物かごをお渡ししましょう。

③警戒されないための動待機してますか?

お店の中が小さい場合、レジや入口に店員がじっと待機していてはお客様が警戒してしまいます。
さりげなく商品を拭いたり、ディスプレイを整えたり。
動きながらの待機をする事
でお客様の警戒心が解かれて、商品をゆったり見てもらう事が出来ます。

④おすすめ商品は即答できますか?

ほとんどのお客様は実は何を買っていいのか迷っているということも。店員さんがおすすめはこれ、と言ってもらうのを待っている事もありますよ。

ポイント1:お店の中の商品で売れ筋ベスト3は頭に入っていますか?
ポイント2:ベスト3の商品説明は完璧ですか?

⑤お買い上げ

☆お買い上げの際は、必ず一言、
さりげなく「他の商品はよろしいですか?」と最後の一押しを。

商品を受け取った際には、必ず汚れ・傷がないか確認を。
・複数お買い上げのお客様は、袋を追加で入れるか確認してあげましょう。
・お金のやり取りを先に、最後に商品を笑顔でお渡ししましょう。
・混雑でお待たせした際は、一言「お待たせいたしました」のお詫びを

当たり前の用で、実は当たり前が出来ていることはほとんどありません。
是非一度、1日だけでも全部出来ているか、
確認しながら接客してみてください:)

伊勢は素敵な場所がいっぱい!
穴場スポットも沢山ありますね、また何度も足を運びたい街です。

img_3303

1件のコメント

コメントは停止中です。